おくゆたか

品種:“おくゆたか”は国立の野菜茶業研究所において、1983年に命名登録された公的機関育成品種になります。

希少な中晩生品種として当時から大きな期待を集めています。樹勢が弱い(苗&幼木期)事や摘採適期が短い事からあまり普及は進みませんでしたが、優れた品質のお陰て消費者からは高い評価を得ています。

 

来歴:“ゆたかみどり”×F1NN8

 

香りは清涼~やや優雅なタイプが多く総じて控えめです。
同じ価格帯や品質のお茶としては旨味を強く感じます。

濃厚さではなく後味スッキリタイプなのが特長です。

 

 

 

 

【特 長】

 (1)端正な旨味 (2)スッキリした味わい (3)控えめな香り

【 色 】

 やや黄色みの強い黄緑色。

【 香 】

 控えめなお茶らしい香り。

【 味 】

 旨味をしっかりと感じます。

【味わい】

 飲み始め旨味、喉越しと余韻はスッキリ。

【オススメ】

 ★ちょっと優雅なお茶が欲しい時 ★旨味は好き、でも後味はスッキリが好きな方 ★お茶を愉しみたい方に

 

*ワンポイント*

 茶葉の開き具合を見て浸出時間と温度を調整してください。

 

  <商品詳細>

【 タイプ 】 リーフ

【 茶 種 】 緑茶 

【 サイズ 】 S(5g) M(15g) L(40g)

【 シリーズ】 『要』 『匠』 『雅』 『雫』 『極』

*******心向樹のシリーズ*******

 同一品種でも品質・価格によって5つに分けて販売しております。

(かなめ) : 手軽に楽しむシリーズです。108円~

(たくみ)スタンダードシリーズです。162円~

(みやび)ハイグレードなシリーズです。216円~

(しずく)手摘み茶や品評会といった高級なシリーズです。432円~

(きわみ)最高峰。究極のお茶シリーズです。648円~

**********************

<ご購入はこちらから選択>